テクノロジーで感動的な体験を

タイ・オリックスは、お客さまに感動を与えるサービスの提供を目指しています。それを、テクノロジーを駆使した付加価値向上の追求により、ここに実現しました。 私たちのウェブサイト「ORIX Fleet Portal(オリックス・フリート・ポータル)」は、車両管理業務でキーとなる情報が一目でわかるサービスです。オートリースのお客さま全てが無償でご利用可能なこのサービスを、今後さらに強化・拡充して参ります。

ORIX Fleet Portalで
車両管理を効率化

契約車両の
詳細情報

契約満了日など契約詳細、支払い履歴、交通キップの支払い状況などを確認できます。

車両の
メンテナンス情報

過去のメンテナンス履歴や次回メンテナンス予定時期を確認できます。

国際会計基準の
対応サポート

ご希望の金利を入力し契約タイプを選ぶことにより、国際会計基準(IFRS16)への対応に必要な計算書類をダウンロードできます。

テレマティクスでもっと便利に

日本で10年以上、テレマティクス導入及びリスクコンサルティングサービスを通してお客さまの従業員の事故防止、燃費向上、車両台数の最適化への取り組みを支援して参りました。この支援をここタイ国においても、テレマティクスサービス(有償オプション)を通じて実現します。 さらに、契約車両数が20台以上のお客さまには、アドバイスサービスを無償でご提供します。

テレマティクス導入事例:
テレマティクス導入事例:

危険運転の削減により、事故率の低減を実現

最先端のGPSテクノロジーと拡張機能で、お客様のニーズにフィット

タイ・オリックスが厳選したパートナー企業を通じて提供するGPS機能は、イベントベースで情報を取得できる点で他社よりも優れています。一定間隔(30秒毎など)で情報を取得するタイムベースとは異なり、イベントベースなら重大な出来事が発生した際における、有用性の高い情報を取得できます。

イベントベース
イベントベース

イベントベースでは、重大な出来事の発生時にデータを取得するため、決定的瞬間の情報を逃しません。

タイムベース
タイムベース

タイムベースでは、出来事の重要性とは無関係に一定間隔でのみデータを取得するため、情報精度は低くなります。

お客さまの特別なニーズに応えるため、追加機能としてタイ陸運局(DLT:Department of Land Transport)主導のコンプライアンス遵守、車両管理業務の強化、特殊輸送車両のモニタリングなどに役立つアドオン・モジュールもご用意しています。

ドライバー識別機能

車載DIDカードリーダー:エンジンスタート時にドライバーを識別します。ドライバー情報は規制要件としてDLTと共有されます。

運転者識別汎用リーダー:運転免許証またはRFIDタグを識別します。

車両の遠隔操作

イモビライザー機能:遠隔操作でエンジンスタートを無効化します(車両非作動事のみ)。

ロック機能:車両を遠隔操作で操作不能に。主に、レンタカーなどに使用されます。

追加情報

’Canbus’:車両に取り付けた様々なセンサーからの情報を入手します。

燃料センサー:ガソリン残量と消費量を測定。

パワーテイクオフセンサー:二次操作(アイドリングなど)の電力使用量を測定。

温度センサー:温度が適正範囲内にあるかを確認(食品や医療輸送用の車両)

ドアセンサー:目的地到着前に貨物ドア開閉を監視・制御。

お客さまに選ばれる理由

私たちを際立たせているもの。それは、お客さまのご要望にお応えするために、グローバルな経験・知見を持って、お客さまに最適な「こたえ」を生み出そうとする姿勢と、持続可能な社会づくりにコミットしていることです。

私たちのコアバリュー:

高付加価値の追求

競合他社がGPS機能の提供のみに留まるのに対し、タイ・オリックスは、お客さまの車両管理業務に関する全てのニーズを、一箇所でまとめて満たす手段をご提供します。

高度な柔軟性

すでに別のGPSプロバイダーとご契約の場合は、そのプロバイダーからお客さま車両のGPSデータを入手することで「ORIX Fleet Portal」上に情報を表示可能です。今後さらに新しいサービスプラットフォームが登場した際も、高度な柔軟性をもって臨機応変に対応します。

機敏な開発プロセス

今後も四半期毎に新機能投入や強化を行い、他の追随を許さないスピードで、お客様の利便性・満足度の更なる向上を図ります。

資料のダウンロード

下記よりPDF資料をダウンロードいただけます。

TOLC_Brochure_Technology_jp.pdf (531 KB)